OECDのCRSが開始してHSBC香港に資産を預けておくメリットが無くなってきた事

昨今のリスクオフ世界同時株安から中国株や香港株、HSBC香港で購入できるファンドを購入するメリットが薄れている状況を鑑みた事

私のベトナム経済への期待が大きく、とにかく深く考えずに定期預金を基本に放置すると言う手法で資産を育てるのが常套手段と考えた為、今や口座開設が困難と言われているHSBC香港の口座をクローズした

11825783_10207141543079582_2749285461145901964_n
HSBC香港の口座開設時にエージェントの中島さんに連れて行って頂いた香港の貨幣博物館、隣が香港証券取引所


少々もったいない気もしたのだが、私が持っていた口座がアドバンス口座の最低維持預金額額が200000HKD(約280万円)という事でこれを口座維持のために預けっぱなしにしておくのと、SCB銀行の定期預金に資金移動して定期預金で運用するのを天秤にかけ、やはりSCB銀行の定期預金に運用したいと考えたからだ


幸い私は良いエージェントに恵まれ、香港に出向く事無く
タイからの郵送で全部手続きが済むようにサポートして頂いた

BT Group Asia

担当 中嶋氏
http://www.group-bts.com


中島さんには口座開設~クローズまで一貫してサポート頂いた
3年前に開設のサポートをして頂いた際には割と早く口座開設が済んだため
香港を案内して頂いたりと非常に良い思い出になった

価格も非常に良心的でオススメしたい
また、今後香港周辺で何かしら仕事があった際には力になって頂きたいと思う