昨年の3月の一時日本帰国以来ずっと湯船に浸かっていなかったので
バンコクで日本人向け宿として有名な 柏屋旅館 に行ってみた


この記事を書いているのは風呂上りの帰り道、ナナプラザ、テーメーカフェ界隈
LB(レディボーイ)がわんさか居る HOLLYSCOFFE で書いている
正月休みでゾロゾロと日本からやってくる日本人観光客がすっかり居なくなって
居心地が良い(私は日本人が苦手)





私が滞在するバンコク郊外の安アパートからバイクで行ったのだが
プロンポン駅からはとても近い
以下にHPの情報を引用する

プロンポン駅 下車、4番出口を降り階段側に戻るようにUターン、
約200m直進しスクムビット26(Sukhumvit26/看板有り)を右折、
直進し2つ目の角を右折、突き当り右側が当館となります。

image59
GOOGLEMAPで検索すると徒歩5分

◎料金・営業時間

お風呂時間 17:00 ~ 24:00
お風呂だけ料金 200THB(約700円)

個人的には日本で銭湯に行くのと比べればちょい割高だけど
海外で熱い湯船に浸かって脱力できると考えればこの価格は高くはない


着いた時間がPM22:00過ぎ
タイ人の女性スタッフが2人居た
やはり日本語がかなり流暢
もしかすると日本で生まれ育ったとか
日本人とタイ人のハーフとかなのかもしれない


▲スマホで撮った画像がブレブレだったのでHPからお借りした


▲鍵付きのロッカー、壁付の扇風機がいかにも銭湯らしくて良い感じです


▲画像が残念な感じに・・小タオル、バスタオル
名前は判らないが体をソープでゴシゴシ洗うタオル(スクラブタオル?)


▲くし、歯ブラシ、髭剃り、ドライヤーも揃っている


▲画像が残念な感じに・・
洗い場は3個、当然ながらシャンプー、リンス、ボディソープが揃っている



▲画像が残念な感じに・・ん・・?
湯船の向こう側にまた湯船(空っぽ)そんで洗い場も?どゆこと?
こ・・混浴??HPの画像だと男湯、女湯の大浴場の間には
銭湯らしく富士山が描かれた壁があるのだが・・
風呂を上がった時にスタッフに理由を聞きたかったがずーっと
電話していたので聞けなかった
もしかすると現在は時間制で男湯と女湯を
切り替えるような感じで運営しているのかもしれない・・



▲取り直して肝心のお風呂だが、驚いた事に完全貸し切り状態だった
他の客はゼロ、意外に儲かってないのか?まあ時期が丁度正月休みを終え
さらに成人の日連休を終えた直後なので一年で一番日本人の来客が少ない時期
なのだろうからこういう感じなのかもしれない

お湯の方は・・残念ながらかなりぬるい・・
お風呂と言えるような温度ではない・・
期待をかなり裏切ってくれたがお湯は自由に入れられる設定なので
お湯をMAXで入れながらそのそばに鎮座しているうちにポカポカと温まって来た


まとめ!!
総じて悪くない。価格も決して高くない
バンコクに滞在していて大きめの湯船で
ポカポカ温まりたかったら柏谷旅館アリだと思います

柏谷旅館で体を温めてタイマッサージとかなかなか良いんじゃないでしょうか

近くに湯の森と言うスーパー銭湯があるのですが
少々高額ので行くかどうか迷ってます
湯船に浸かりたいという事を目的とするなら
柏谷旅館で十分かな~と思います
個人的には 柏谷旅館+タイマッサ-ジ
の合せ技がコスパ超良いのでこれで十分かと思ったりしています