現在はタイはパタヤに沈没中のプロニートです
image113


私が東南アジアに初めて渡航したのは2016年でした
渡航先はフィリピンのセブ

この当時私は池袋に住んでいました
東京でも渋谷、新宿に並ぶ?繁華街から駅徒歩7分くらいのロケーションで
何の不便も無くて便利の良いところでした
※トラブルに巻き込まれたことは無いにしても周辺の治安にはかなり問題がありましたが

この渡比以前はハワイに2回(1回目社員旅行、1回はプライベート)に
香港に2回(HSBC香港の口座開設の為)行っただけで海外には行き慣れていなかったです

表向きな渡比の目的はサンライフフィリピンと言うフィリピンでは有名な保険が合体したファンドの口座開設でした
image114

でも実際は、どこか気分転換にウロウロしてみたかったというのが真実で
ついでにサンライフフィリピンの口座も作っとこうという感じでした


既に建築士事務所の仕事は一人で数年間もの凄い働いた反動で精神的に燃え尽きていて休業状態
一度どん底から一人っきりで稼げるようになった経験もあったのと当時貯えがあったのでモチベーションが上がったらまた仕事を再開すればいいという感覚だったのです

私自身の貯えで自活していたので既に当時から一人前のプロニートでした(笑)
毎日サンシャイン通りのブックオフで古本買ってカフェ行って読書したり、適当に近所の〇俗行ったりして時間を費やす日々

平日も休日も関係無く就寝時間無し寝たくなったら寝る(大体は朝方寝ていた)目覚ましなしで起きる
ムラムラしたら近所の〇俗に・・

池袋の街中を忙しそうに往来するサラリーマンを見ながら『大変そうですね~』とか思いつつ・・

俺は自由過ぎる位、自由なんだけど・・
なんなんだこの空っぽな感覚は・・??
なんか違う気がする・・
いつもそんな風に思いながら生きていたような気がします・・


当時でも日本のド田舎で生まれ育って23歳で上京した私にとって海外に行くという事は
かなり大きなイベントでしたのでフィリピンのセブに行くというのは大冒険
しかも帰国の日程は決めずに1か月のノービザ滞在のうちに適当に帰ろうというものでした

ここから少しずつ私の価値観とか視野が変わっていく(良くか悪くかは定かではない)ことになります

→続く