コロナパンデミックから端を発する世界同時株安、経済危機により私の現在の資産状況はどのような状況か?

→実は今のところ1VNDも損はしていませんw

つい先日からやっとベトナム株を買い始めました
運用額は日本円で260,000円程度なのでベトナム株の勉強がてらゲームのつもりで運用しています
今のところ+10%程度の含み益となっていますが今後の下落も想定していますし、数年配当が無くてもどうでもいいと思っているので含み益も含み損になってもどうでもいいと言うスタンスです
現在保有銘柄の評価額がビングループ (VIC)+20.12%、ぺトロベトナムガス (GAS)12.7%爆上げでビックリしていますw
image253

ただ、長期的なタイムスパンで捉え、15年以上後になっての見た時、このタイミングで買えたのは良かったと思えるだろうと考えて買っていますので
今後の下落も想定していますし一時的な株価の上昇、下落に一喜一憂することなく株を持ってる事を忘れるくらいの鈍感さで持ち続けようと思っています

イタリア等のコロナの感染が鈍化との報道もあるので米国が鈍化してきたら幾つかの銘柄を買おうと考えています

それ以外に運用している資産は元本保証の類(私が現地ベトナムで足で情報を収集して得た貴重な運用先なので詳しくはこちらのブログでは明かしません)なのでそもそも評価額の目減りと言う事自体が起こり得ません
※運用先は厳選した財務状態の良いところではありますが破綻のリスクはゼロではありません
image229


対円での為替差損で言えば4%程度の損は発生していますので円換算での含み損で言えば80万~100万円程度はありますがこれ以上にSCB銀行からは定期預金の利子を得ているのでトータルでの損はありませんし、VNDベースで考えた場合は全く損をしてはいない状況です

また私の考えは現在のVND運用は通貨量を稼ぐフェーズ(ベトナム経済のGDPの拡大による金利高を利用し通貨量を増やす)です
その次のフェーズはベトナムの世界経済への影響力の拡大とベトナムの高齢化、経済の成熟化に伴うVNDの信用が高まるにつれてのVNDの通貨高のフェーズ

これらのフェーズを経て私のVND運用は完成する予定ですので現在はまだまだ1合目です

このような長期的なスパンで見ていますので為替差損は気にしていないしそもそもこのVNDの運用益を全額日本円に両替する予定も無いのでさほど気にしていません

また現状では保有資産の割合に株を増やしても良いタイミングにある様に感じています