コロナ禍インドネシアはジャカルタに滞在中のプロニートです

かれこれ4カ月ホーチミン、ジャカルタ及びジャカルタ近県を
ウロついていましたが今月下旬に帰国します
0_1VyfsrFMYTiROM97


理由は現在利用しているビザの期限切れ後のオーバーステイ無料特例
60日を超える前にインドネシアを出国した方が無難だと思う事
ネットの情報ではインドネシアでは60日を超えてオーバーステイすると
ブラックリストに登録されて入国がかなりの期間出来なくなるそうです
今回のコロナ禍にあってはこれも適用されない可能性はありますが
少なからず日本に帰国出来るフライトはあるのでこの特例に味を占めて
異常な長期間オーバーステイする事は危険だと感じました

また、私の今までの流浪生活ですと滞在国周辺でその時の時価で割安で
渡航できる国に行くのがマイルールなのですが、今の状況ではどの国も
渡航制限があり見通しも立たない
マレーシアに渡航できるようになったら良いなとは思っていましたが…

もうひとつは今の私の状態だと家族に急遽、健康問題等の緊急事態
で実家に戻ろうとしても帰国から14日間の自首隔離が求められるため
会うことが出来ない状況になります
だから今まだそういった緊急事態が起きる前に帰国して
14日間自首隔離した方が良いと思いました

私は今までも海外で流浪中も1~2日間で実家に帰られるように計算し
流浪生活をしていたので、実は今の状況は緊急事態の時1~2日間で
帰れると言うマイルールから逸脱しているのです

【予定】
利用空港       :関西空港
自主隔離先      :大阪市内の民泊先のマンション(エアビー利用)
自主隔離先への移動  :レンタカー


【費用】
飛行機代     :ジャカルタ → 関空(約40000JPY)
自主隔離先    :大阪市内の民泊先のマンション(約60000JPY)※1ヵ月
自主隔離先への移動:レンタカー(楽天ポイント利用で0JPY)



痛いのは飛行機の費用です。流浪生活においては
1ヵ月~3カ月程度のスパンで国をあちこち移動していますが
飛行機に掛かる費用は 5000JPY~20000JPY以下/フライト なので
1フライトで40000JPYは予算を遥かに超えてしまってます

帰国すると現状の各国の入国規制のせいで
次出国する目途は絶たないですね
こればっかりは仕方がありませんが
個人的には秋ごろ~年末にベトナムに行きたいと思ってはいます
が、ぶっちゃけ難しそう…何しろワクチンが一般に普及されるまで
まだまだ時間が掛かりそうです

世界的にワクチンの普及に先立って入国規制が緩和されれば個人的には大変助かりますが
こればっかりは 果報は寝て待て ですね